インプラント治療が受けられないケース

インプラント治療を行う前に、問診をしたり、口腔内の検査をしたり、X線検査などをすることによって、患者さんの口腔内を検査します。


また、インプラント治療は手術を伴うので、患者さんの健康上を把握するということが大事になってきます。
そして、検査の結果、中には稀に治療が困難なケースというものもあります。

それは、どのようなケースかというと、まず、歯が成長過程にある人や、免疫不全、糖尿病の1型の人は、基本的にインプラント治療を受けることができません。


また、放射線治療などを受けている場合は、麻酔を行うことが危険であったり、顎の骨に放射線を受けている場合もあるので、治療を行うことができません。

中には、場合によっては治療を行うことができる余地があるケースもあります。

それは、口腔内の衛生状態が悪い人、歯周病の人、骨が足りない人、喫煙者、糖尿病2型の人などが対象となります。

口腔内の衛生状態が悪い人は、まずはしっかりと口腔内を清潔にすることが必要になってきます。



歯周病の人に関しては、まずは歯周病を治してから、インプラント治療を受けることになります。

GIRL'S TALK - Amebaに関する情報探しで困った時に見てほしいサイトです。

骨が足りない人は、人工の骨をつくって治療を行うことができる場合があります。

喫煙者の場合は、治療を受ける前に、禁煙して、喫煙しない環境を整える必要があります。

これらに該当する人は、生活習慣を改善したり、治療を受けたり、症状をコントロールすることができるという条件でインプラント治療を受けることができます。